不動産投資とREITなどの扱い方

不動産投資では、REITなどの不動産投信で投資をしている人も増えてきました。
その場合も不動産投資ですが、投資の性格が異なるので、売買に気をつける必要があります。
不動産投資のREITですが、株式市場の中での値動きですので、株式市場全体の値動きに連動する場合もあります。
不動産の投資での不動産の動きと、株式市場での銘柄の動きがあるということや、人気化しているということでは、高値掴みの可能性もあるということになります。
長期投資を考える場合には、大きく下がったところを何度かに分けて拾っていくということで、一度にすべての資金を投入しないのが無難な方法です。
その方法も分散投資になりますが、高値掴みする確率も少なくできます。
一般の不動産投資と同じで、できるだけ安く購入するということで配当ばかりではなく、キャピタルゲインも狙うことができます。
不動産関係でも色々な投資ができるので、不動産関係でも、良い時代ということになります。